ココペリとは、本来ネイティブインディアンの精霊の一人です。 精霊は神様ではなく、人間と神様の中間に位置する存在です。 人間に援助と導きを与え、人間の祈りを神様に運ぶ媒介者なのです。 「ココペリが笛を吹くと、地面から緑が吹き出し、花が咲き乱れ、木々は生い繁り、 花粉は風に舞い飛び、動物たちは次々と子供を産み落とす。 ココペリは、発芽と豊穣を体現している神的存在である。」といわれています。